2009年11月アーカイブ

レンズのお手入れで大事なことは

 ①水洗いで乾拭きは避ける

 空気中のチリやホコリなどでレンズの表面は汚れがちです。一見きれいに見えるレンズでも、レンズ表面には異物が付着していることがあります。軽く拭いたつもりでも、指の力を通して小さな異物の先端がレンズにかかる力は、非常に大きい圧力となります。平底の靴より、ハイヒールのかかとでふまれたほうが痛いのと同じ理屈です。水洗いでレンズ表面の異物を洗い流してください。ただし、お湯やぬるま湯は使わないでください。

 ②きれいな布でレンズ拭き

 水気はティッシュペーパーで拭いてください。仕上げはメガネ拭きを使いますが、汚れたメガネ拭きを使うとメガネ拭きについた異物でレンズの表面を引っ掻くような状態になってしまいます。ゴシゴシ拭くのも傷になってしまいますので、きれいなメガネ拭きで、サンドイッチをつまむような感じで拭いてください。

これでクリーニングはバッチリです(^^)v 一日一回は水洗いするといいですね!

次回はレンズのコーティングと傷の関係についてご説明いたします。

sandwich.jpg

エコ・ドライブ

 

そらべあ×シチズン 2009.11.10~12.31

 

エコ・ドライブ キャンペーン期間中!!

「エコ・ドライブ」商品の売上金の一部が「そらべあ基金」に寄付され、国内の幼稚園・保育園に太陽光発電設備が設置されます。

 キャンペーン対象商品をお求めの方に、「そあべあ携帯ストラップ」をプレゼントいたします。

皆様のご理解とご支援に深く感謝いたします。

キャンペーン対象商品/エクシード・アテッサ・プロマスター・XC

 

 

 

 

 

 han.jpgのサムネール画像ba.jpgのサムネール画像

 

mune.jpghikidasi.jpgsa.jpg

メガネレンズに気づかないうちにキズがついていた(ToT)なんてことありませんか?

 

レンズは車や指輪と違って、一旦キズがついてしまってら、その修復はできないのです

医療機器であるメガネレンズは、薬事法にまつわる厳しい条件を満たしていなければならないので、光学特性、肉厚、表面処理、素材特性を考慮して、高精度でクリアーすべき問題があり、修復という方法をとることができません。そのため、キズ等の修復を承ることはできないのです。

キズはなるべくつけたくないですよね(^ ^)そういう時は上の写真にこころあたりはありませんか?

もしひとつでも当てはまれば要注意です!気をつけてくださいね(^-^)b

次回はレンズのお手入れの方法についてご説明します。

Profile

宮城県大崎市古川の天賞堂です。当店スタッフが日々の出来事を書き綴ります。

天賞堂ホームページ

↑↑↑ホームページもよろしく!

2010年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大崎(市)情報へ
  • 人気ブログランキングへ
Powered by Movable Type 4.25